キャッシングやカードローンの返済方法を分かりやすく解説






返済方法

消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用したとき、返済時には利息を含めた金額を返済します。
利息は各社が定めた金利を元に借入総額や借入期間で決められるのですが、一度の返済で借入金の全額と利息を支払うばかりではないので、その返済方法はちょっぴり複雑。

まず、クレジットカードの支払いでも最近よく耳にする「リボルビング払い」。
これは使用した金額はいくらであっても毎月支払う金額が決まっているため、毎月の家計管理がしやすいというメリットがあります。
しかしその反面、どれだけ使っても毎月の負担額が一定額なためについ使いすぎてしまったり、借入残高がある以上いつまでも支払いが続くので最初の借り入れやショッピングなどで利用した支払いがいつ終わったのか分かりづらかったりと、使い方によっては返済に困窮してしまうことも。
また、その返済方法も毎月一定額にする「定額リボルビング方式」、残高によって返済額が変動する「残高スライド定額リボルビング方式」、残高に対して一定の割合で返済する「定率リボルビング方式」があり、さらに手数料を含めるか別立てにするかなど、各社によって異なります。

次にキャッシングやカードローンでよくあるのが「元金定額返済方法」と「元利均等返済方式」。
「元金定額返済方法」は毎月一定の元金に利息を支払いながら返済する方法。
それに対し「元利均等返済方法」では毎月定額の返済額の中から元金と利息を返済して行く方法です。
例えば毎月2万円の返済をする場合、「元金定額返済方法」では2万円+利息を支払うためさいしょの返済額は大きくなりますが、返済が進んで元金が減るにつれて利息は安くなるので、返済の負担は軽くなっていきます。
一方「元利均等返済方式」では毎月の支払いは2万円のみ。その中で元金返済と利息に分けられるのですが、はじめのうちは利息の割合が高いため元金への返済は緩やかになります。
元金がはじめからコンスタントに返済できる「元金定額返済」のほうが利息総額も「元利均等返済方法」に比べると安くなり、計画的に返済したいひとに向いている返済方法といえます。
最近では「元金定額返済方法」を採用しているキャッシング会社が多く、「元利金等返済方法」は住宅ローンなどでよく使われています。