キャッシング・クレジットの安心して借入できる総量規制とは?






安心して借入できる総量規制とは?

借りすぎて返済に困窮する、利息が高くていつまでも返済が終わらない・・・
そんなイメージも未だ根強いキャシングですが、今では法律で上限金利や融資総額が定められ、経済能力に見合った借入ができる安心なキャッシングになっています。

消費者金融でのキャッシングやカードローンでは、総量規制といって融資が受けられる金額の上限が決まっています。
総量規制で定められている範囲は年収の3分の1以下。
つまり、年収が300万円のひとであれば100万円までの借入ができるということになります。
しかし他社での借入などを含めたすべての借入の総額として定められているので、すでに他社で借り入れがあるひとが新たに融資を受ける場合は、年収から現在借入中の残債を差し引いた金額しか借りることができません。
また、実際の取引をしていなくても、融資枠としてキャッシング会社でいつでも借入れることができる状態にあればその金額も含まれます。 しかし、住宅ローンや自動車ローンなど一部のローンは総量規制の対象外となっているので、それらのローンを組んでいる最中でも心配はいりません。

総量規制で年収の3分の1と定められていても、借入前の審査で信用情報や就労状況、他社での借入実績などをチェックされるため、必ずしも満額まで借入ができるとは限りません。
担保や保証人を必要としない消費者金融でのキャッシングは信用度が大切になります。
そのため、はじめての利用でいきなり総量規制最高額を申請しても、審査に通過できないことがほとんど。
まずは10万円、20万円などの小額融資から申請し、遅れなくきっちり返済をして信用と実績をつけたうえで融資額の増額を申し込んだほうが確実です。
また、すでに他社で借入がある場合、例え事故情報がなくても借入社数や金額によっては審査に影響することがあります。
例えば3社で10万円ずつ借入をしているひとと、1社で30万円の借入をしているひとでは、同じ借入額でも後者のほうが信用度が高くなります。
それは「1社で10万円しか借りられず3社で申込んでいるひと」と「1社で30万円までの融資が受けられるひと」という解釈になるから。
もし未使用のキャッシング枠を持っているなら、信頼度と融資可能額アップのためにも、申込み前に解約しておいたほうがいいでしょう。